FC2ブログ

quartet

けむまき

先週末、劇団軌跡のお芝居を観てきました。
タイトルは「かるてっと」です。


パンフ

DSCN0283.jpg



観に行った理由は、
大好きな役者さん(声優さん)が出演するからでした。


デデン!祐仙勇さん!!

DSCN0285_20170202133900554.jpg



(長くなるから追記に飛びます)

私は海外ドラマが好きです。
お気に入りは「SUITS」です。
刑事ものとか法廷ものとか法律ものが好きなのでちょっと偏ってるけど…
祐仙さん出てらっしゃったらできる限り観てはいます。
今だとDlifeで「殺人を無罪にする方法 2nd season」やってますね。
あと、「NCIS:LA 2nd season」にも出られてます。
この間tvkでやってた「HAWAII FIVE-O」とのクロスオーバー回も
しっかり出られておりましたv(o゚∀゚o)v

基本吹替えで観ます。
友人が「字幕は字数制限あるし表現がリアルっぽくないんだよな!」
と言い出したのが理由のひとつです。
最近は映画も吹替えが多いかな。

あくまで個人的な見解ですけど、
私は吹替えをされている声優を「役者」と思ってます。
『自分でない役者がした演技に〝声〟の演技をのせる』って
すごいことだと思うし、簡単じゃないと思います。
制約が多い、そこがアニメと圧倒的に違うところかな、と。
声を吹き込む=命を吹き込むって言う点ではアニメもすごいけど、
海外ドラマ好きとして思い入れが強いのかもしれませんね。


お芝居観るの、2015年以来だったかな。
初代スナフキンの声優をされていた
西本裕行さんが出演される予定だったものの、
直前に逝去されたこともあってよく覚えています。
ふぇいすぶっくに感想とか書いた気がする…


前置きが長くなりました…!
今回のお芝居は全体を通して、コメディとホラーのミックスという感じでしたね。


題目(ぼやけちゃったゴメンナサイ)

DSCN0284_20170202133859efc.jpg



オープニング「花子さんと宇佐美さんと宿輪さんと」

今回のお芝居をするに至った説明です。
ここで花子さん登場。なんだ…席に座ってたの花子さんだったの…!
(一列目の座席の端っこに開場したときから
微動だにしなかった女性がいらっしゃったのです)
ここでなんとなしにホラーかな?と察知。


第1話「ポンコツ刑事」

突然現れる幼稚園児の服装をした大人(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
強盗が大人園児を捕縛した状況で、
大人園児の奥さんと刑事さんとのやりとり。
突然現れるコナン風の大人刑事。
カオス…!カオス……!!
やりとりの終盤に花子さん登場。
驚愕する強盗。伏線きたよ、という感じ。
ちなみに驚愕したのは私も一緒でした。
祐仙さん!ついったでつぶやいてたの観たけども!
本当に本当に、背、高すぎる!!!((((;゚Д゚)))))))


第2話「幽霊騒動」

借りたアパートにお化けがでる!というエピソード。
ご存知の方はご存知かと思いますが、私は見えないけど感じる方です。
なので、自宅で足音とか(昼間から)結構あります。
はっきり見えないからそこまで怖くはないんですけど…
怖い話はし出すと止まらない(大好き)のでこの辺で。
見えちゃうと怖いよね!いたら引越しだよね!!!
あれ!なんで刑事さんまた来るの!?
何故、なんちゃらバスターさんが現れたの!!?
住人が見えてるのは花子さん、でもバスターさんたちに見えてるのは別物。
ここ、伏線回収のとこ私の頭の中で繋がんなかったんですよね。
あの住人さん(男性の方)は強盗?
役者さんが同じだったので若干混乱してました。うん。


第3話「アイドル(仮)」

すごい、アイドルだった…
異世界を観た気がしました…
(私自身がキラキラしたものとは縁遠いものですから圧倒されっぱなし)
そのアイドルが「アイドルをやめる!」というところからスタート。
ファンの女の子2人が『新人アイドルになれ!!』という無茶ブリされるの巻。
小出はるかさん(で合ってるかな?)可愛い…ああいう女の子、私大好き…←
あ、すいません逸れました。
ホントに悲しいことなのですが、途中に出てきた〝とっとこハム太郎〟のネタの件…
全然わかんなかったです(ほぼ観たことがないからついていけない悲しみ…)
あと、重箱の隅をつつくみたいでアレなんですけど、
どうしても気になった台詞がありました。
途中で「世界を蹂躙する!」というひとこと、あれあの場面で通るのかなぁ。
「世界を席巻する!」の方がすんなりいくような気がしたり。
言葉って難しいよね、と思った場面でした。
いやぁホント本(脚本)書かれる方はすごいわ。
まずもって自分にはできない…


第4話「花子さん」

朗読(語り)が入ります。
本当に惚れ惚れする声を聞かせて頂きました。
生でお声を聞けた感動と言ったら、もうね…!
いや全編通して出演されてるシーン中、ずっとドッキドキでしたけどね(´∀`*;)ゞ
いわゆるトイレの花子さんのお話。
めいこちゃんのために花子さんがしたこと、めいこちゃんは喜びはしなかったですね。
このお話観てるとき、乙一の『死にぞこないの青』を思い出してました。
あれは立ち向かう話だったけど、なんとなく本質は似てるかなぁと。
花子さんと朧華のやりとり、とても良かったですね。
口調は穏やかなのに、内容は辛辣。それでいてほの暗い感じと謎の温かみ。
うーん、うまく言えない。


なかなか面白いお芝居でした!
こういう機会をたくさん経て、
皆さんもっと魅力的な役者になっていかれるのでしょうね。
生で観るというのはいいですね、元気を貰いました。
またご縁があったら観させて頂きたいです(」*´∇`)」


長文な上に乱筆乱文失礼致しました!
このブログを観ることはないでしょうから、もう言っちゃえ!!!!
祐仙さん!今までもでしたけど、これからも大好きです!!
何らかの形で直接伝えるのは恥ずかしすぎて出来なかったので、
誰が観てるかよくわかんないブログで愛を叫んでみました( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!
声はもちろん、背は高いわ、すっごい格好良いわでビックリしましたもん+゚。*(*´∀`*)*。゚+
男性のスーツ姿ってものはいつの時代もたまんないものですねぃ…
スポンサーサイト
Posted byけむまき

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply