FC2ブログ

Show Racism the Red Card

ちょっと重くて面倒な話になるので追記で。




人生において「女」であることを理由に嫌な発言をされることは
これまでも相当数ありましたし、もうそのことについては
「そういうことを平然と言う愚かな人達」だと思って受け流してきました。



昨日の話です。
私は「女性らしさ」「可愛らしさ」「従順さ」が足りない人間なのだと
名指しで言われました。
『あのオバサンは怖いんだよ』『口うるさいんだよ』と
初対面の人がたくさんいる中で発言されました。
ちなみに私は発言者よりひとまわり以上若いです。



言い返すことのない相手だからと、何でも言っていいと思っている人がいます。
自分より弱者である相手だからと、好き放題言っている人がいます。
はっきり言いますが、それは間違いです。
ぶつける相手を間違ってます。



人の弱さやどうしようもなさは誰にだってつきものです。
それを自分より弱い立場にいる誰かにぶつける人は、
自分自身に向き合ってこなかった本当に弱い人間なのだと思います。



優しさや情の深さ、誠実さというのは目に見えません。
表面しか見えていない人にはそういうものがわからないのでしょう。
私は八方美人や外面のいい人が本当に苦手です。
彼のような人間は、初対面の人間や気に入った相手にだけ優しさを振る舞います。
だから一見、女性や子供にとても優しくていい人に見えるのでしょう。
ただ、私はこれまでの経験から、
彼が約束を反故にする不誠実かつ平気で暴言を吐く人間だと認識しています。



ですから指摘してきました。
彼の言動が目に余るようになってから、
私は「自分のことを棚に上げてお世話になってる方々を悪くいうのは間違いだし、失礼だ」
と直接伝えてきました。
表立って悪者になりたくない、一見優しくて楽しいまわりの男性達の代わりに。
だけど、それももう終わりです。



男性、女性、子供、お年寄り、チャレンジド、LGBTQ、外国の方など
この社会にはたくさんの人がいます。
まずはそういう差をいったん取っ払って、
人としてこの社会で生きていくことを私はちゃんと考えたいと思います。
向き合っていかなきゃいけないことってたくさんあって、
これからもずっとそうやって生きたい。
個人主義であるこの社会で生きる以上、
そのことを絶対に忘れたくはないです。



『頭の良い女も嫌いだ』という類のことを
間接的に人を通して言われたことも付け加えておきます。
私は頭が良い女ではありませんし、そんなこと思ったこともありません。
ただ、少し人より社会情勢に詳しいとか
専門分野があるとかその程度のことです。
勝手に卑屈になられても困ります。



相手がどんな人間か、
本質的なところで見ようとしていない人、
そもそも表面的にしか見ることができない人に
わかって欲しいとはこれっぽっちも思いません。
無意識に誰かを差別したり、そういう発言を繰り返す人間は潜在的に
そういうものをもっているのだと思います。
そして、そういう人しか寄ってこないものです。



皆さんはこういう人間に出会っても、
傷付く必要も、不快に思うことも、要らぬ憎悪を抱く必要もありません。
その人間にはあなたがそんなふうに傷付いたり、
不快になったり、憎悪を抱くようなエネルギーや時間を使うほどの価値はないのです。
ただ、そのことで何か損害を被るようなことがあれば対処は必要です。
どんな形でも意志表示をしましょう。



Show Racism the Red Card!

スポンサーサイト
kemumaki
Posted bykemumaki

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。